資料を予約したら

資料を予約された方は、以下の方法で資料の用意ができているかどうか確認し、お受取りください。

「電子メール」での連絡を選択された方

  • 資料が用意できたときに、図書館から電子メールで連絡いたします。
    電子メールには資料名の一部と資料IDが表示されます。
    資料の詳細はホームーページの「予約状況照会」で確認してください。
    (パスワードが必要です。)
  • 表示された取置期限日までに受取館で資料をお受取りください。
  • 「電子メール」での連絡を選択する場合は、予約の前に必ずパスワードを取得し、メールアドレスを登録してください。
    また、予約時に「電子メール」での連絡を選択しなかった資料については、メールアドレスが登録されていても、電子メールは送信されませんのでご注意ください。

「連絡不要」を選択した方

  • 資料が用意できても、連絡はされません。できれば「電子メール」での連絡をお勧めします。
  • ホームページまたは館内のコンピュータ(OPAC)で確認してください。 (パスワードが必要です。)
  • 直接図書館にお問い合わせください。 取置期限日と受取館をお知らせしますので、その日までにお受取りください。ただし「市民図書室受取り」の予約資料は即答できない場合が ありますので「電子メール」か「葉書」を選んでください。

窓口の予約で「葉書」の連絡を選択した方

  • 資料が用意できたときに、図書館から葉書で連絡します。
  • 葉書には資料名は印字されず、資料IDのみ印字されます。
    資料の詳細は図書館にお問い合わせください。
  • 印字された取置期限日までに受取館で資料をお受取ください。

※取置期限は10日間です。(「市民図書室受取り」の場合は配送日数が加算されます。)

※取置期限をすぎても受取りに来られないときは、予約は取り消しになります。ご注意ください。

取置期限日までに受取りに来ることができないときは

取置期限日は一部の資料をのぞき、一度だけ延長できます。

延長期間はもとの取置期限日から10日間です。

図書館にお問い合わせください。

  • * パスワードをお持ちの方はホームページまたは館内のコンピュータ(OPAC)でも取置期限が延長できます。
  • * 次の資料は取置期限の延長はできません。
    • ・次に予約が入っている資料
    • ・県内の公共図書館、市内の大学図書館などから借用した資料

※パスワードをお持ちの方は、受取館の変更や連絡方法の変更もできます。(回送・準備中・確保になったあとは変更ができません。)

取消した資料を確認したいときは

自分で予約を取消した資料や、取置期限が過ぎてしまった資料の確認ができます。

確認できる期間は、予約を取消した日から3ヶ月間です。

図書館にお問い合わせください。

  • * パスワードをお持ちの方はホームページまたは館内のコンピュータ(OPAC)でも確認ができます。